ヨーヨー・マとケラスがアテネで接近遭遇

ヨーヨー・マは先月30日、世界36ヶ所のバッハ・ツアーの17ヶ所めとしてギリシャ・アテネの野外音楽堂、 ヘロディス・アッティコス音楽堂(約5,000人収容)でバッハの組曲全曲のコンサートを行ったらしいのですが、 そのわずか2日後の今月2日、同じ野外音楽堂でジャン=ギアン・ケラスがダンスとのコラボでバッハの組曲全曲を弾いたらしいです。 ケラスの公演は振付のアン・テレサ・デ・ケースマイケルとそのカンパニー「ローザス」とのコラボ[過去記事]で、今年5月東京芸術劇場でも行われたもの。

ヨーヨー・マの6月30日の公演のようす。

ケラスはこの公演にも足を運んでいたようで、ヨーヨー・マをmy idolと表現しつつSNSにアップしていました。

ケラスの7月2日の公演のようす。一部YouTubeにアップされていたもの。

数年前なら、野外でバッハの組曲全曲のコンサートを一晩でやるなんてとんでもない冒険だったと思いますが、 それが立て続けに、こんな歴史的な場所でも行われるようになったわけですから、時代は変わったというか、変えたのはヨーヨー・マであり、それに続いてケラスだと思います。

関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment