チャイコフスキーコンクール2019の参加者発表

来月6月にロシアで行われる第16回チャイコフスキーコンクールの参加者がきょう13日、公式サイト発表されていました。

Contestants: LIST OF ROUND I CONTESTANTS [THE XVI INTERNATIONAL TCHAIKOVSKY COMPETITION]xvitchaikovsky.png

これによると、チェロ部門の参加者は25人。ピアノ・バイオリン・チェロの各部門共、すでにあらかじめ書類とビデオの審査で25人ずつにしぼりこまれていました。今年は初めて金管・木管部門も開催されるなど大会が大型化したこととも関係あるでしょうか。

チェロ部門に日本から参加するのは佐藤晴真さん、上野通明さん、水野優也さんの3人。いずれもすでに実力が知られている3人なので期待したいです。

国別の参加者数を数えてみたところ、地元ロシアと韓国が4、日本が3、ドイツとアメリカが2、の他15ヶ国。審査員の顔ぶれ→過去記事

チェロ部門の第1ラウンドは6月18日からサンクトペテルブルグで始まり、最終第3ラウンドの結果は、現地27日夜(日本時間28日朝)に出る予定だそうです。

大会のライブ映像は、前回同様、medici.tvの特設ページ で見られるようです。

関連記事

1 Comments

There are no comments yet.

ゆたんぼ  

こんばんは。
日本から出場される方々はよくコンペティションで見かけますね。私の記憶に明確に残っているのは上野さんさんです。どのコンクールの動画だったかは定かではありませんが、とにかく丁寧、というのが第一印象でした。

チャイコフスキー国際コンクールと言われて私が一番に思い出すのは、78年の第6回、チェロ部門で優勝されたナサニエル・ローゼンさんです。CD売り場で偶々見かけたバッハの無伴奏組曲のCDの演奏者が彼で、とても珍しく思ったので勢いで買ってしまったのが小さな思い出です。

2019/05/19 (Sun) 02:21 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment