英ロイヤルウェディングのチェリストのスーツ

今年5月、英王室ハリー王子とメーガン妃の結婚式でチェロを弾いたシェク・カネー=メーソン(19)がスーツ姿で、技巧的な難曲として知られるピアッティのカプリース1番を演奏…

イギリスのファッションブランド、ポール・スミスが、今年の秋冬の装いとして体を動かしやすいスーツのPRにシェクくんを起用し、企業サイトのトップで紹介していました。
sheku-paulsmith.jpg

実は、今年5月のロイヤルウェディングでの演奏でシェクくんが着た衣装も、創業者・社長でありデザイナーのポール・スミス氏(72)がじきじきに選んでくれたスーツだったのだそうです。

今年は、ロイヤルウェデイングでの演奏で、シェクくんのことを世界中の人が知ることになった年だと思いますが、シェクくんがファッションの面でもいいイメージの存在になることはいいことだと思います。

関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment