全米ベスト4

錦織圭選手が全米準々決勝でチリッチを破ってベスト4!

この大会、錦織選手はサーブとバックハンドはふだんの力が出ているものの、フォアハンドはまだ本来の力ではない。 それでもよくここまで勝ち上がり、よくあのチリッチによく勝ったと思う。

錦織選手ももう28歳。このところ錦織選手の試合を見るのがちょっとつらかったのは、28歳の選手に残されたチャンスが刻々と減っていることの自覚がどれほどあるのだろうか、と見ていていらだつことが多かったからだった。それが少なくともこの大会ではベストのプレーではないなりに、ベストではない自分を受け入れ、自分とうまく付き合えているように感じる。

準決勝のジョコビッチとの戦いは厳しいものになると思うが、健闘を期待したい。 女子では大坂なおみ選手もベスト4に進出した。四大大会大詰めまで応援する選手が勝ち残っていることがどれだけ楽しみなことか、久しぶりに思い出した。

[9日追記] 錦織選手は準決勝でジョコビッチに3-6 4-6 2-6で敗戦。一方、大坂なおみ選手は勝ち進み、決勝 6-2 6-4でセリーナ・ウィリアムズに勝って全米初優勝!

関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment