BBCプロムスで4人のチェリストが協演

先週から始まったイギリス最大の音楽祭BBCプロムスで日曜日、先日のロイヤルウェデイングで演奏したシェク・カネー=メーソン(19)をはじめとしてBBCの若手音楽家コンクールの歴代優勝者4人のチェリストたちの協演があったようです。15日夜、ロイヤル・アルバートホールで行われた公演で、左からナタリー・クライン(1994年優勝)、ガイ・ジョンストン(2000年)、シェク・カネー=メーソン(2016年)、ラウラ・ファン=デル=ヘイデン(2012年)の4人によるジョバンニ・ソッリマ作曲「チェロよ歌え(Violoncelles, vibrez!)」の終曲部分。

ガイ・ジョンストンは2年前に来日してN響と共演したはず。ラウラ・ファン=デル=ヘイデンは8月に来日してすぐ近くの武蔵野市でリサイタルがあるそうなので聴きにいくことにしています。

イギリスでも、BBCのコンクールでこうして着実にチェロのスターを輩出しているわけですね。

***

ザ・エージェント ところで、上のBBC Promsのツイートにある
"You had me at cello"
というのはどういう意味だろう?何か特別な言い回しだろうか?と思って調べたら、
"You had me at hello"
の(helloとcelloとを掛けた)もじりで、これは1996年トム・クルーズ主演の映画「ザ・エージェント」(原題 Jerry Maguire)で、トム・クルーズにプロポーズされたレネー・ゼルウィガーが言うセリフ。 意味は「(ハローといって)出会ったときからあなたに決めていたわ」というような意味。だから"You had me at cello"は、「あなたはわたしをチェロでとりこにした」というような意味でありましょう。

関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment