ウィンブルドン2018ドロー

ワールドカップが盛り上がっていますが、来週から始まるウィンブルドンドローがきょう発表されていました。

男子シングルスのシード配置は:wimbledon.jpg

フェデラー v アンダーソン
チリッチ v ディミトロフ
(ティーム v ジョコビッチ) v (A.ズベレフ v (キリオス v 錦織))
デルポトロ v ナダル

第24シードの錦織圭選手は3回戦キリオス、4回戦A.ズベレフと当たるブロックで、これらに勝つと全仏で敗れたティームが(たぶん)準々決勝で待ち受けているので、なかなか厳しいドロー。日本勢男子では他に杉田、ダニエル太郎、西岡が出場。復帰のマレーはデルポトロのブロックで1回戦ペールと。ワウリンカは1回戦ディミトロフと。

女子では、大坂なおみ選手が第18シードで3回戦でケルバーと当たる組合せ。

関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment