英ロイヤルウェディングでの演奏

イギリス王室のハリー王子と女優のメーガン・マークルさんの結婚式が19日行われましたが、注目していたチェリスト、シェク・カネー=メーソン(19)の演奏は、二人の誓いと指輪交換が終わった式後半のことでした。曲目はパラディス「シシリエンヌ」、フォーレ「夢のあとに」、シューベルト「アヴェ・マリア」の3曲。

[追記: 当初リンクしていたイギリス王室公式のライブ動画が見られなくなっていたので変更しました。] Inspiration CD, Import

演奏が、一般の披露宴のような場でなく結婚式の正式な一部として、しかも3曲も行われたことには少し驚きました。世界中がシェクくんの演奏にしばし耳を傾けたことでしょう。

(NHKの中継では演奏中、スタジオのトークがかぶさってしまったので聴くことができなかった、と不満のツイートを多く見ました。そういうかたは上の動画でどうぞ)sheku_royal_wedding.jpg

結婚式では他にも、ゴスペル・クワイアの歌う「スタンド・バイ・ミー」、アメリカ聖公会カリー主教のスピーチなどが印象的で、イギリス王室が人種的にも“開かれた”演出に気を配っていたのを感じました。

***
[追記]
選曲の理由について、シェクくんへのインタビュー報道によると、シェクくんのほうから弾きたいと申し出た曲で新郎新婦が選んだもののよう[DailyMail]。パラディス「シシリエンヌ」とフォーレ「夢のあとに」はシェクくんからの提案、シューベルト「アヴェ・マリア」は新郎新婦のリクエストだったとも[People]。

関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment