シアトルのバッハ・マラソン

この3月21日(グレゴリオ暦だと3月31日)は、J.S.バッハの333回目の誕生日ということで、世界各地でいろいろなイベントがあると思いますが、きのう17日土曜日、アメリカ・シアトルの教会で、プロから子どもたちまで20人以上のチェリストがかわるがわるバッハのチェロ組曲全曲を弾く Bach Suite Marathon というイベントが行われたらしいです。

Symphony members and children alike partake in the 30th annual Bach Suite Marathon [KOMOnews.com]

このイベントは、チェリストのCordelia Wikarski-Miedelというかたが中心になって、もう30年間毎年行われているのだそうで、地元シアトル交響楽団のチェリストを初め、毎年多くのチェリストが参加し、中には30年間欠かさず参加しているかたもいるのだそうです。

バッハのチェロ組曲は1番から6番まで6曲ずつ、全部で36曲ですから、20人以上だと一人1曲か2曲ずつ…マラソンというより、日本風に言うなら「バッハ駅伝」ですね。

関連記事

2 Comments

There are no comments yet.

shigeko  

Yoshiさん、お久しぶりです。

このバッハの無伴奏を何人かで全曲通すという会に参加しています。もちろん日本で。
他にもあったんですね。
APAの関西で、その名もバッハの会。毎年11月23日にあります。今年で、10回?忘れました。
とにかく、全曲を通す、その年によって、順番が変わったりもします。
今年は、6番のプレリュードに挑戦します。弾けるの?と心配してくれる友人もいますが、今から練習して弾きたいと思っています。

2018/03/19 (Mon) 11:13 | EDIT | REPLY |   

yoshi  

No title

> shigekoさん
おひさしぶりです!
へえ!APA(日本アマチュア演奏家協会)の関西でそんな会があるなんて、ずいぶん盛んなんですね。
しかもそこで6番のプレリュードを弾くなんてshigekoさん、すばらしいじゃないですか!ぜひがんばってください!

2018/03/19 (Mon) 14:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment