2 Comments

10年越しにレッスンでやってきたシュレーダーの「170の基礎的な練習曲」もいよいよ最後の170番、ピアッティの「12のカプリース」の12番を練習中。 この曲がまたいい曲…「最後」だというこちらの心の持ち方のせいもあるかも知れない。

ピアッティを弾く時いつも励みにさせてもらってきたキャロルさんの演奏。

ここまで来るともう重音や高いポジションの難しさには驚かないけど、12番の特徴は中盤以降(2:18~)出てくるハーモニクス。 特に人工フラジオレット(押さえた指と同じ弦の完全4度上を軽く触れる)が出てくるのはシュレーダーの中でこの170番だけだったのではないかと思う。

考えてみれば、完全4度の幅は8度の重音と同じ幅。8度をやったときと同じように毎日少しずつ練習しているところ。来週のレッスンでビシッと弾きたい。

[追記] なお、実際弾くときは、重音の前の長いアップボウを一度返すなど、楽譜と少しボウイングを変えた。先生「そりゃそうしますよね」。上のキャロルさんは楽譜のボウイングに忠実に弾いている。

関連記事
yoshi/吉岡
Posted byyoshi/吉岡

Comments 2

There are no comments yet.
楽音  
No title

とうとう最後ですか。おめでとうございます。というかちょっと寂しい感じでしょうか。
シュレーダーを最後までされるアマチュアさんはなかなかおられないでしょうね。私はまだ70番です。発表会の時など、エチュードはやらない期間が結構あるので、終わりそうで終わらない感じです。結構エチュード好きなんですがね。

2016/02/05 (Fri) 22:42 | EDIT | REPLY |   
yoshi  

> 楽音さん
ありがとうございます。そうなんです、「寂しさ」という感じも確かにあります。
シュレーダーを最後までやる人は少ないだろうと思いますが、実はちょうど同じ時期にシュレーダーが終わる友だちが一人いて、その人もここを見てくれているはずですが^^;お互いやりとりするたびに「何番終わった?」という調子で励みになっています。
もちろんこれは人と比べてどうというものではなく、それぞれの歩みだと思いますけど、その人にも「おめでとう」と言ってあげたいです。
楽音さんももうすぐ1巻が終わりますね。がんばってください!

2016/02/06 (Sat) 00:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply