4 Comments

チェロつながりの仲間の集まりで弾いてきました。
震災の被害でホールが使えなくなっているミューザ川崎で今も通常通り使うことのできる市民交流室にて。
集まったのは、今年2月のチェロコングレスやブログなどこれまでの色々なつながりが重なり合った30名近いチェロ弾き。
このみなさんの前で、シューベルトのアルペジオーネ・ソナタ1楽章を弾かせていただいた。

実は、今日のメンバーの多くも参加した昨年12月の会では、2楽章アダージョ(と3楽章冒頭)だけを弾かせてもらった。
そのときはまだ「こんなの弾いちゃって」と笑って受け流してもらう姿勢だったが、今回1楽章は、この場が自分にとっての発表会、とちょっと真剣に臨んだ。
何しろ1楽章だけでかれこれ半年間、練習してきたのだ。
とうぜんそのぶん緊張もした。
でも、その結果がどんな悲惨な演奏になろうが、それが「実力」というもので、ここにいる親しいチェロ仲間にならそこを見届けてもらっていいと思ってもいた。

演奏は、大きく音を外したりすることはなかった(恐れていたほどには)。
でも、安全に行きたい気持ちから、力がこもっていたわりには音が伸びなかった。

みんなからねぎらいと励ましの言葉をいろいろ言ってもらえた。
これを糧に、できればまたもう幾度か人に聞いてもらう機会が欲しくなった。

会ではこの他、チーム毎に分かれてのアンサンブルで「上を向いて歩こう」など、さらに全員のアンサンブルで、クレンゲル「讃歌」、フォーレ「ラシーヌ讃歌」(この2曲はチェロコングレスでも弾いた)、「レット・イット・ビー」などを弾いた。

関連記事
yoshi/吉岡
Posted byyoshi/吉岡

Comments 4

There are no comments yet.
いた  
NoTitle

をぉ~をぉ~。
りっぱな演奏家!!!(拍手&おみごとっ!)
我が家では、ババにyoshiさんのことを話するのに
「ベートーベンの・・・」でなく
「シューベルトの・・・」と
改名になってます^-^

2011/07/08 (Fri) 07:50 | EDIT | REPLY |   
yoshi  

> いたさん
ありがとう~いたさんに聞いてもらえなくて残念でした。今度いたさんもいるときにも弾かないとね....え?もういいって?....

2011/07/08 (Fri) 22:19 | EDIT | REPLY |   
chiibou  
すごい

一般の方の前で演奏するのも緊張しますが、30人ものチェロ弾きさんの前で演奏するなんて、身も凍る状況ですね。
それも覚悟の上で磨き上げてきたものが皆さんにきっと伝わったことでしょう。
すごいです。

2011/07/09 (Sat) 02:32 | EDIT | REPLY |   
yoshi  
Re: すごい

> chiibouさん
ありがとうございます。確かに聴いているみんなが曲を知っていて、聴きながらこちらと一緒に体を動かしたり小さく口ずさんでいたりするのはやりにくいです^^;
ただ、逆にチェロ弾きばかりだとこの曲がどういう曲で、僕のような者がこの曲を弾くことがどういうことかをみんなが十分理解してくれ、あたたかく見守ってくれたので幸せでした。

2011/07/09 (Sat) 12:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply