鳥肌が立つ

チェロコングレスのコンサートで感動したことをあちこちで語っているうち、ふと「鳥肌が立った」という言葉を使いそうになった。しかし、これは「誤用」ではなかったか?

「鳥肌が立つ」は、本来、恐怖などを感じたときにもっぱら使われた言葉。これが感動したときにも使われるよう変遷してきていることがはじめて(?)世間で話題になったのは文化庁の平成13年(2001年)度の「国語に関する世論調査」で、 若い世代ほど「鳥肌が立つ」を恐怖・感動どちらの場合でも使う人が多く、高齢者ほど感動の意味では使わない傾向が明らかになった。「本来ではない」「昔はその使い方をしなかった」というのが「誤用」の根拠。

ところが、近年「感動の鳥肌」が、国語辞典などでも認知されるようになった。 広辞苑 第六版

広辞苑第六版(2008年)では第五版(1998年)になかった下記の記述が追加されている。

○鳥肌が立つ 寒さや恐怖・興奮などの強い刺激によって、鳥肌が生ずる。総毛立つ。肌に粟を生ずる。仙源抄「いららき。さむくて鳥肌のたちたるけしき也」。「数学と聞くだけで鳥肌が立つ」 ▽近年、感動した場合にも用いる。「名演奏に鳥肌が立った」 [広辞苑 第六版 2008年]

「感動の鳥肌」を擁護する論拠には大きく下記がありそうに思える。

  1. 言葉は変遷するもの。使う人が十分増えればそれが正しい。「すごい」の使われ方の変遷と同様。
  2. 事実だから正しい。「だって私ほんとうに感動すると鳥肌が立つもん!」。医学的にも、感情が動けば交感神経が反応することで説明がつくらしい。

また、英語でも goose bump を恐怖と感動、両方の意味で使っているのを見るから、言語を問わず人間の“自然”な表現だという主張も成り立つかも知れない。英語ではじめから両方の意味で使われていたのか、それとも日本語と同じように変遷があったかどうかは知らない。

それでも「感動の鳥肌」を誤用だとする主張が根強いのには、感動を個人の身体感覚で安易に表現してしまうのは「ちょっとはしたない」という感覚もあると思う。あまりにも使われすぎて陳腐化しているから嫌い、という感覚もあるかも知れない。

かといって別の言葉があるかというと、「感動した」「胸がおどった」「涙がこぼれた」「ぞくぞくした」「ぞわぞわした」....などありそうにも思えるが、「鳥肌が立った」に適切に置き換わる言葉を見つけるのは難しそうに思える。

そういうわけで、先週のサントリーホールのステージに百数十名のチェリストがずらりと並び、音が重なり合ったときのあの感動を表す言葉には困っているのだが、あのときいっしょにステージにいた人が「鳥肌が立ったね!」と言うのには「そうだよね!」と百パーセント共感してしまうのだ。

関連記事

10 Comments

There are no comments yet.

ダンベルドア  

言葉の変遷

私もこの表現は使いません。だっていくら感動しても涙は出ますが鳥肌立たないもん。
あのサントリーホールの音は本当に良かったですよ。でもやはり鳥肌ではないなぁ。

ちなみに大阪では鳥肌のことを「さぶいぼ」といいます。
大阪弁辞典を見ると
「感動した時に「さぶいぼ出たわ」といった言い方をする。カッコつけたりするのを嫌う大阪人は、言葉でもちょっとはずして使うのを好み、この「さぶいぼ」も、そんな面が出た言葉である。 」
とありました。こちらのほうが元祖かも。

現代の言葉の使い方なのでしょう。
「凄い」や「やばい」も元々はネガティブな意味だったのですし,「全然」は否定の意味だったのに今は逆の意味に使いますね。みんな辞書を見ながら話しているわけではないので,誰かが使えばだんだん普遍的になってきますね。言葉は変遷しますから・・・でなければ口語,文語の違いはあるにせよ古文には苦労しない。

そのうち,「感動のあまり吐き気がした」とか「頭がかゆくなる名演」という賛辞が普通になったりして(>_<)

2011/02/23 (Wed) 14:10 | EDIT | REPLY |   

yoshi  

Re: 言葉の変遷

> ダンベルドアさん
あー、「さぶいぼ」聞いたことありました。
あまりに感動が大きいときユニークな言葉が生まれるのでしょう。
「戦慄」くらいはあるかも?「戦慄の走る名演」とか「センリツものの旋律」とか....

2011/02/24 (Thu) 20:14 | EDIT | REPLY |   

たこすけ  

NoTitle

>「センリツものの旋律」
に戦慄が走りました(笑)。
文章の最後まで油断がならないなあと大きな感銘を受けたもので。

2011/02/26 (Sat) 02:16 | EDIT | REPLY |   

yoshi  

> たこすけさん
ありがとうございます....じゃ、使えそうですね、センリツ(笑)

2011/02/26 (Sat) 18:35 | EDIT | REPLY |   

SKG  

戦慄

国語辞典によると、

せん‐りつ【戦慄】
[名](スル)恐ろしくてからだが震えること。「事件の報道は視聴者を―させた」

なので、「感動」に「戦慄」を使うのは、「鳥肌が立つ」より不適切と思います。

私の場合、楽曲のある部分、例えば「第九」の第4楽章の「歓喜」のテーマが提示され弦楽5部合奏になるところを聴くとほとんどの場合肩から上に鳥肌が立ちます。純粋な生理現象として起きている事実をその通り表現することに支障をきたすような言語の方が問題ではないかと思います。

2013/11/19 (Tue) 11:30 | EDIT | REPLY |   

yoshi  

Re: 戦慄

> SKGさん
コメントありがとうございます。「戦慄」は、まあ思いつきの冗談としてお許しください(^^;)
ただ上の世論調査にあるような「鳥肌が立つ」を感動の意味で使わないという方にとっては、今私たちが感動に「戦慄」を使ったら感じるのと同じようなおかしさ、不適切さを感じるのかも知れないと思った次第です。それくらい言葉に対する感覚は時代によって、また人によって違うものだろうと思います。

2013/11/19 (Tue) 16:29 | EDIT | REPLY |   

SKG  

Re: 戦慄

yoshiさん

早速のコメントありがとうございます。
以前、認知言語学関係のことをやっていましたので、
つい拘ってしまいました。

2013/11/19 (Tue) 20:46 | EDIT | REPLY |   

SKG  

最近、オックスフォード大学で発表された論文
https://academic.oup.com/scan/article/11/6/884/2223400
において、音楽を聴いて鳥肌が立つ人は脳の聴覚野と感情をつかさどる領域の結合が密であるとの結果が報告されました。また、脳がそのタイプで無い人もかなりいるようです。

つまり、「感動で鳥肌が立たない」人は「感動で鳥肌が立った」は比喩的な表現と捉え、その結果「『鳥肌が立つ』という表現の誤用」といった評価につながるのではないかと思います。

一方、鳥肌が立つ脳を持った人にとっては「感動で鳥肌がたった」は『事実そのものを正しく記述』した訳で、「表現の誤用」といった問題が出てくるのが理解できない。

この辺りが、「鳥肌が立つ」問題の本質のようです。

私は感動が強ければ誰でも鳥肌が立つものと思っていたけれど、世の中のかなりの人がそうでないとしたら「感動で鳥肌が立った」と書くのは慎重になった方が良いのかも知れません。

2018/09/28 (Fri) 17:26 | EDIT | REPLY |   

yoshi  

> SKGさん
おひさしぶりです。覚えてくださっていて光栄です。そして、興味深い研究論文の紹介ありがとうございます。
専門的で詳細まではわかりませんが、音楽を聴いたときの感動がchill(ゾクゾク)やgoosebump(鳥肌)といった身体的な感覚に実際につながるタイプの人とそうでない人とが確かにいる、ということですね。英語圏でも同じなんだな、という意味でも興味深いです。ありがとうございました!

2018/09/28 (Fri) 21:54 | EDIT | REPLY |   

SKG  

No title

お久しぶりです。

「鳥肌が立つ/立たない」が脳の構造に由来するとは思っていなかったので、「鳥肌が立たない」人は感動が少ないのではないか、と思っていましたが、「鳥肌が立つ/立たない」は個性の一種であるということを知って、ある部分の誤解が解けました。

2018/09/29 (Sat) 12:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment