チェロの先生が(たぶん)聞き飽きている10の言い訳

チェロの先生が、日頃聞き飽きているだろうと思われるセリフの数々....

  1. 今週バタバタしていまして、あまり練習してないんです。
  2. 頭ではわかっているんですけどね。
  3. 家では弾けていたんですけどね。
  4. すごい!先生のとは楽器が違うんですよね?(先生のお手本を聞いて)
  5. 指が痛いからその指使いは無理です。(指が短いから、弱いから、硬いから、太いから、....)
  6. 老眼鏡を忘れたので、きょうは初見は無理です。
  7. この次までにやっておきます。
  8. それをぜんぶ練習していたら一生かかりますよね?
  9. 音程合ってませんか?おかしいな、440Hz?442?.....(そういう問題ではなかったりする)
  10. でも、この前ユーチューブで見た人はこうやって弾いていました。
ネヴァー・トゥー・レイト―私のチェロ修業

ほかにもたくさんあるかも知れませんが…

関連記事

14 Comments

There are no comments yet.

goshu  

言い訳

こういうの好き(^^)
他の人はいわないだろう私の言い草
「こういう曲は好きでない」「こういうの子供なら得意ですね」「老人には無理ですね」「暗いのが好みです(音程が低い!)」「あぁ、cisか(音程が低い!)」

2009/02/13 (Fri) 23:09 | EDIT | REPLY |   

フルフルハウス  

おもしろいです!

№4 よく申します。楽器も弓も違いすぎますって。
そうすると必ず、私の楽器で実演なさいます。
あと、すぐ年齢を言い訳にしていましたが、個人差の方が大きいとわかってきました。
年に関係ないという先生の方針はある程度肯定しなければ。。。

2009/02/13 (Fri) 23:56 | EDIT | REPLY |   

いた  

これって。

うちのトシヨリが
わたしをいらっとさせるのと
おんなじ内容ですわ~。^-^;
そう思うのなら、勝手にしろ。と
ココロで思って、笑って応対。(ぷ)

チェロのことにしてみたら、
自分で言いそう。
だけど。人が言っているのを聞いたら、
(うちのトシヨリの愚痴ね^-^;)
そんなこと言ったって、
どうにもならないし、
いいほうには回っていかないよ。と思う。
ん~。気をつけよ~っと^-^;

2009/02/14 (Sat) 08:09 | EDIT | REPLY |   

goshu  

それは言い訳じゃないですね

yoshiさんの5、8番は、言い訳じゃなくて正しい対処が必要な意見ですね。
7番は、できの悪い生徒がよく言う逃げの一手ですが、絶対に許しませんね。わたしでも許しません。今出来ない事が明日どうして出来るのか!出来ない事をその場で一旦は出来るようにするのがレッスンというもの。

2009/02/14 (Sat) 09:32 | EDIT | REPLY |   

たこすけ  

4は使えない(涙)

僕の先生は「ちょっと貸して」とむんずとこっちの楽器で弾いてしまうので、まさに、何の言い訳もできない、というやつです(笑)。

2009/02/14 (Sat) 10:24 | EDIT | REPLY |   

yoshi  

いいわけ

ほかのところで「…10の理由」みたいなのを読んで、パッと思いつきました。
レッスンではなるべく虚心坦懐、子どものような素直さで臨もう心がけているのでなるべく言い訳はしないことにしていますが、上の10コは、思わず出たり、喉元まで出そうになったことがありますね。「先生が(たぶん)イラッとくる…」としても良かったかも知れない。

2009/02/14 (Sat) 12:40 | EDIT | REPLY |   

yoshi  

Re: 言い訳じゃない

> goshuさん
> 5、8番は、言い訳じゃなくて正しい対処が必要な意見

あ、やってみた上でならたしかにそうなんですけどやる前から
言ってしまう、みたいな場合です(^^;)

2009/02/14 (Sat) 12:53 | EDIT | REPLY |   

まかべ  

私がよく言うのは

1、5、6、7、ですね(苦笑)。
でもうちの先生は、「練習やってないならハッキリそう言ってほしい、それで全然構わない。やってないならやってないなりのレッスンの仕方があるから」と言ってくださいますよ。

2009/02/14 (Sat) 15:51 | EDIT | REPLY |   

yoshi  

楽器

4.の楽器が違うんじゃないか、っていうのはチェロを習ってない方は冗談で言ってるんじゃないかと思うかも知れませんが、本当に指で押さえて弓で弾くだけなのに、ぜんぜん音が違うんですよね。
僕の通っている教室は先生も生徒も手ぶらで来て、スタジオの楽器を使います。それを知っていてもやっぱり音が違う…

2009/02/14 (Sat) 22:09 | EDIT | REPLY |   

yoshi  

練習できなかったとき

> 練習やってないならハッキリそう言ってほしい、それで全然構わない

まかべさんの先生のこの言葉は、わかります。まったく練習してなくてもレッスンには行ったほうがいい。
あとは「やれるだけの練習はやった」ときと
「やってるけど十分じゃないと思う」ときの差を言い訳するかどうか?ですが、
たぶんそれは黙って弾けば先生はわかると思うので、心の中では
「つべこべ言わずに早く弾け!」
と思っているでしょうねえ(^^;)

2009/02/14 (Sat) 22:26 | EDIT | REPLY |   

しるくら  

NoTitle

可笑しい。(^_^;; 冗談としては面白いです。
しかし、先生に対しては恐ろしくて使えないセリフばかりですねぇ。
言い訳どころか、一音微妙にずれただけでも眉間に皺寄せていますよ、私の先生。 冷ややかな怒りの空気が漂ってきて、弾きながら怖いの何の……。
「けど」
「でも」
「だって(しかし)」は
大人の使う言葉ではないようです。

2009/02/16 (Mon) 10:22 | EDIT | REPLY |   

yoshi  

> しるくらさん
あは(^^;)もちろん冗談ですけど…でも習っていてわからないときははっきり意思表示したほうがいいですよ。たとえ「先生には聞き飽きた疑問だろうなあ」と思っても。

2009/02/16 (Mon) 21:41 | EDIT | REPLY |   

Su  

NoTitle

あっ、”指が短いから”が良い訳になってました。反省!

2011/10/13 (Thu) 11:29 | EDIT | REPLY |   

yoshi  

> Suさん
あはは…まあ、いろいろありますよね。

2011/10/13 (Thu) 21:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment