善福寺手帳

category: チェロと音楽  1/143

先週の練習・楽器調整

日替わりエチュード、10日はフランショーム(Auguste Franchomme, 1808-1884)の誕生日というニュースをどこかで見て、ならばとフランショーム作のシュレーダー90番。 他にシュレーダー132番、126番、85番、ポッパーの8番、31番。バッハ4番と6番のプレリュード。 所属オケが使うホールは地方選挙期間中使えず、練習は選挙が終わるまでしばらくお休み。 気候が良くなったので、楽器の点検・調整と弓の毛替えをしてもらう。...

  •  0
  •  0

今週の練習

No image

日替わりエチュード、ポッパーの36番、28番、3番。あいかわらずバッハの6番プレリュード。 *** 土曜日、満開の桜を見ながら、チェロアンサンブルの集まり。持ち寄った楽譜の1つに、雑誌「サラサーテ」2016年4月号(これは以前堤剛先生のカバー写真で話題になった)に掲載の瀧廉太郎「箱根八里」チェロ四重奏版(松原幸広編曲)というのがあり、弾いてみる。 この編曲のフーガ的な動きが、まるでバッハのようだし、ニ長...

  •  0
  •  0

先週の練習

No image

日替わりエチュード、ポッパーの23番、1番、シュレーダーの87番、51番ときて、ポッパーの11番。 あいかわらずバッハの6番プレリュード。録音を聴いて、強弱をもっとつけなければと思ったが、やはり23小節からの8小節間は難しい。テンポは60くらい。 *** 新元号「令和」も決まり、この4月から新しい生活のスタートを切ったかたも多いだろうと思う。 特にこのところ同年代の、仕事から退く方向で生活のモードを切り換えよ...

  •  0
  •  0

シャコンヌ

No image

日曜、別オケと所属オケの練習ダブルヘッダー。8月に本番の別オケで楽しみにしているのが、バッハのシャコンヌ(無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番)のオーケストラ版で、この日が初合わせ。 この曲、もちろん原曲は無伴奏ヴァイオリンの重音を駆使した難曲として有名だけど、チェロ弾きにとってはN響のチェロ4人組「ラ・クァルティーナ」や、最近では若手4人の「クァルテット・エクスプローチェ」など...

  •  0
  •  0

先週の練習

No image

あいかわらずバッハの6番プレリュード。少しテンポを上げて。 バッハを弾くなら暗譜で弾かなければ弾いたと言えないのではないだろうか?と気になってくる。 年齢のせいかも知れないが、とてももう何か1曲を暗譜で弾ける自信がない。 頭には入っても、いざ演奏するとき、頭に浮かんだ音や指の動きがほんとうにそうだったか自信がなくなる、その瞬間の不安に耐えられる自信がない…というのか。 楽譜を前に置くにしても、こ...

  •  2
  •  0

先週の練習

No image

引き続きバッハの組曲6番プレリュード。必ずゆっくりのメトロノームを鳴らしながら練習しているが(48~50)、 難しい23小節からと、音が高くなる70小節からの2ヶ所は、つい急いでしまいがち。 日曜日、所属オケの練習。花粉症の季節だから仕方がないが、合奏中のくしゃみは何とかして我慢して欲しいものだ… 日替わりエチュードは、シュレーダーの129番、141番、ポッパーの25番。...

  •  0
  •  0

先週の練習

No image

バッハの組曲6番プレリュードの譜読みをひきつづき。前半23小節からのフィンガリングもほぼ決めて、46くらいのゆっくりのメトロノームで。譜読みが進んできて、輝かしいこの曲がもう少しで自分の手の中に入るかも知れないと思うと──たとえそれが幻想に過ぎないとしても──うれしくなってくる。 *** 土曜日午後、別オケの練習であと1時間足らずというところ、ブラームス「悲劇的序曲」を弾いているとき、急に胃痛。 我慢でき...

  •  0
  •  0

今週の練習・6番プレリュード

思い立ってバッハ無伴奏組曲第6番プレリュードの譜読みを始める。 ちょうど2つのオーケストラの曲の譜読みがひととおり終わって、少し余裕が出てきたところ。 5番か6番のプレリュードを譜読みしてみようと思い立ち、両方とも少し譜読みしてみて、5番よりなんとなく今は6番、という気分になった。 この「思い立った」というのが重要で、チェロを弾き続けていて、バッハの組曲を新しく読んでみようと「思い立つ」ほどの「エネル...

  •  0
  •  0

今週の練習

No image

去年から2回エキストラとして参加したオーケストラから再び依頼をいただき、日曜、さっそく練習に参加する。 次回の公演は8月。今回の曲目はメインのベートーベンの交響曲第7番をはじめ3曲とも何らかのかたちで─1曲はオーケストラでなくチェロアンサンブルではあるけど─経験がある曲。このことはまた追々。 このオケのために、自分のようなチェロ一人でできることには限りがあるけど、引き続き練習にできるだけたくさん、楽しん...

  •  0
  •  0

今週の練習

No image

日替わりエチュード、先週からポッパー21番、22番、23番、26番、シュレーダー104番、128番、160番。 メンデルスゾーンの交響曲5番「宗教改革」の譜読み。終楽章、有名なコラール(マルティン・ルター作曲、讃美歌「神はわがやぐら」)の旋律が出てくる。 今週、熱を出して3日間寝込んだものの、また復帰した。...

  •  0
  •  0