category: 雑記  1/96

イタリアの鉄道でチェロの持ち込みに罰金

No image

イタリアのチェリストが先週末、ミラノからジェノバに向かう列車の中で、 チェロケースは大き過ぎて危険だという理由で50ユーロ(約6,200円)の罰金を払わされたのだそうです[ClassicFMより]。 このチェリスト(23)は、ヴェネチアの近くで開かれたセミナーに参加のあと鉄道でミラノ経由ジェノバに帰ろうとしていたところで、 検札に来た乗務員は、荷物棚にあったチェロケースを見て「スターウォーズの宇宙船(navicella di guerre...

  •  0
  •  0

ヨーヨー・マ Bach Project の動画

No image

ヨーヨー・マが去年バッハの無伴奏チェロ組曲全曲を録音し、世界36ヶ所をツアーするバッハプロジェクトを開始したとき、世界から動画を募集していましたが、投稿された動画とヨーヨー・マの1番プレリュードの演奏を1つにした動画が14日公開されていました。 募集テーマは「あなたが何かを表現しているところ、そしてあなたのコミュニティーを1つにつないでいるもの」。日本のかたからの投稿も採用されていますね。...

  •  0
  •  0

ソッリマの"100チェロ"日本公演

No image

イタリアのジョヴァンニ・ソッリマが今年夏に来日し、日本のチェリストを募って"100チェロ"の公演をするという話はチェロ仲間から噂を聞いていましたが、きょう10日から募集が開始されていました。 →ジョヴァンニ・ソッリマ 100チェロコンサート [企画制作 プランクトン] 募集要項は「参加チェリスト募集」というところから。それによると参加するチェリストは、プロ・アマ、キャリア、年齢、国籍、ジャンル不問。 参加料は...

  •  0
  •  0

バーンスタイン生誕100年記念コンサート

No image

昨年、ボストン交響楽団がレナード・バーンスタイン(1918-1990)の生誕100年を祝って、ヨーヨー・マや五嶋みどり、またチェロのキアン・ソルタニら豪華ゲストを招いたコンサートのもようがアメリカの公共テレビPBSのサイトで見られるようになっていました。 →Great Performances: Leonard Bernstein Centennial Celebration at Tanglewood [PBS] 昨年8月25日、タングルウッドで行われたコンサートの録画で、PBSが昨年末12月28...

  •  0
  •  0

チャイコフスキー・コンクール2019審査員

No image

前の記事で去年「最も忙しかったチェリスト」イシュトヴァン・ヴァルダイ(33)のフェースブックで知ったのですが、今年6月開催の第16回チャイコフスキー国際コンクールのチェロ部門の審査員がすでに公式サイトで発表されていて、33歳とひときわ若いイシュトヴァン・ヴァルダイも審査員の一人に選ばれているんですね。 現在発表されている審査員の顔ぶれ。 ミッシャ・マイスキーらの他、日本の堤剛先生のお名前もありました。 ...

  •  0
  •  0

2018年最も忙しかったチェリスト

No image

世界中のクラシックコンサートの情報を扱っているサイトbachtrackが、前年2018年に世界中で開かれたコンサート3万件以上のデータを分析した結果をきのう7日発表していました。 それによると、去年1年間の目立った傾向は、生誕100年の年だったレナード・バーンスタイン(1918-1990)の曲が多く取り上げられ、1位ベートーベン、2位モーツァルトに次ぐ3位(前年27位から大幅アップ)に入るほどよく演奏された、とのこと。よく演奏され...

  •  0
  •  0

弦が切れるハプニング

No image

スティーブン・イッサーリスがリサイタルの演奏中にA線が切れるハプニング…この動画が5日、弦楽専門誌the Stradのサイトで紹介されていました。2017年12月、イタリアのミラノでのリサイタルとのこと。 イッサーリス自身は、この動画を見てもよく思い出せないのだそう。「よく弦が切れるのはショスタコーヴィチを弾いているときで、G線なんだけどね!」[本人のツイート]。 そういえば以前、三鷹の芸文センター風のホールでイッ...

  •  0
  •  0

今年の記念年

No image

今年2019年はどんな年かと思って、今年記念の年を迎える作曲家を調べてみたら[i-amabile]、あまり大きなものはなかったのですが、チェロ弾きにとってはオッフェンバック生誕200年(Jacques Offenbach, 1819-1880)というのがありますね。 昨年来日したオランダのハリエット・クリーフの演奏でオッフェンバック「ジャクリーヌの涙」Op.76-2。 オッフェンバックはチェリスト・作曲家で、チェロ二重奏の曲も多数あるから、発表会な...

  •  0
  •  0

アルド・パリゾが死去

No image

アメリカのイェール大学音楽院で、今年7月に引退するまで60年間にわたってジャン・ワンなど多くのチェリストを育ててきたアルド・パリゾ先生が29日、100歳で亡くなられたそうです。29日、イェール大学音楽院が発表していました。 アルド・パリゾについては、今年7月に引退するというニュースのとき、イェール大学に留学していたことがある高嶋ちさ子さんの文章とともにふれたことがあります[過去記事]。 あのシュタルケル、ロス...

  •  0
  •  0

2018年チェロ十大ニュース

No image

今年2018年、ここで注目したチェロ界の十大ニュース。 1位: ヨーヨー・マが3回目のバッハ無伴奏組曲全曲をリリース(6月発表、8月発売) 63歳のヨーヨー・マが「最後」という3度目のバッハの組曲全曲録音。 あわせて世界36ヶ所でバッハの組曲全曲を弾くコンサートのツアーを開始。 休憩なしで2時間半、時には1万数千人を前にバッハを弾き切り、さらに各地の人とも交流する活動は、チェロのみならず音楽界の常識を打ち破る偉業だ...

  •  0
  •  0