善福寺手帳

category: 変なもの  1/23

水の中のチェロ

No image

シカゴ交響楽団のチェロ奏者カティンカ・クラインさんらは16日シカゴで、使われなくなったチェロ30台あまりをプールに浮かべて演奏するという一風変わったイベントを行ったのだそう。クラインさんは、クラシック以外にジャズや現代音楽にも取り組んでいるチェリスト。 ところが、このイベントのようすを写真で伝えた弦楽専門誌Stradとクラインさんらに対して、「チェロ奏者が大事なチェロを水の中に入れるなんて!」と批判があ...

  •  0
  •  0

エクストリーム・チェロ・ジュニア

No image

イギリスで、皆が驚くような場所でチェロを弾いてチャリティを呼びかけるグループ Extreme Celloに、新たに12歳から15歳までの若いチェリスト4人のジュニア・チームができ、このチームは4月1日、イングランド・ピークディストリクト国立公園の最高地点(標高517メートル)で演奏するそうです。 今回の目的は、イギリスで音楽教育の機会に恵まれない子どもたちを支援するMusic for Allという団体に寄付をよびかけることで、目標額...

  •  0
  •  0

指揮棒のアクシデント

No image

ベートーベンの交響曲第5番「運命」第1楽章、あまりの熱演に指揮棒が…アメリカ人の指揮者Paul Mauffray氏がレクチャー・コンサートで。 [Slippedisc経由] 動画3:10くらいにはまだ右手にあった指揮棒が、7秒後くらいには消えてしまった!…もしかしたら、レクチャー・コンサートということで前に置いてあったピアノに指揮棒が当たって折れてしまったのかも知れませんが… 私もオーケストラで弾いていて、指揮棒が飛んで来るく...

  •  0
  •  0

指揮者が誕生日だったら

No image

カナダのトロント交響楽団は今月2日、ワーグナーの楽劇「ワルキューレ」を演奏する公演で、指揮のアンドルー・デイビス氏の75歳の誕生日を祝ってサプライズ… [ClassicFM経由で知りました] ワーグナーの公演の日に誕生日だとサプライズも豪勢にできていいですね(合唱団もいるし)。...

  •  0
  •  0

跳ね弓でプレリュード

No image

アメリカのチェリスト、ラシャド・エグルストン(Rushad Eggleston, 39)が、ちょっとかわった弾き方でバッハのプレリュード…彼はジャズやロック、カントリー音楽など幅広いジャンルの曲を弾き、歌い、作曲もしているひと。 彼が先週26日、この演奏をフェースブックなどに投稿していました。上は彼のYouTubeチャンネルから。 そういえば、あの2 cellosがカバーする「スムーズ・クリミナル」なんかでもこういう奏法を見ますね...

  •  0
  •  0

サッカーチームとオーケストラのコラボ

ドイツ・ブンデスリーガの強豪チーム、RBライプツィヒの選手たちが名門オーケストラ、ゲヴァントハウス管弦楽団を訪問。両者はEin Klang für Leipzig(ライプツィヒの音)という共同キャンペーンでライプツィヒの街を盛り上げているのだそうです。 ゲヴァントハウス管弦楽団がツイッターでリツイートしていたので知りました。 このときの写真の数々は、ゲヴァントハウス管弦楽団のフェースブックにも。 一流サッカー選手...

  •  0
  •  0

フラッシュモブ専門オーケストラ

No image

イギリス・リバプールのファッション店でオーケストラが突然演奏…彼らは Street Orchestra Live という2016年に結成されたフラッシュモブ専門のオーケストラなのだそうです[ClassicFMより]。 曲はプロコフィエフのバレエ音楽「ロメオとジュリエット」から「モンタギュー家とキャピュレット家」。1分くらいから有名なメロディが始まります。 [音が出ないときは右下のスピーカーボタンで音量調整] 楽譜は暗譜、チェロはストラ...

  •  0
  •  0

テューバ・クリスマスで世界記録

No image

テューバ奏者も同じ楽器どうし集まるのが好きらしく、アメリカ・ミズーリ州で835人ものテューバが集まって合奏を行い、ギネス世界記録を打ち立てたそうです[NHKより]。 NHKのニュースにも映像がありますが、NHKのニュースは1週間程度で削除されると思うので、YouTubeにあった地元KMBCのニュース映像。 「テューバ・クリスマス」はアメリカ各地で毎年恒例になっていて、これはミズーリ州カンザスシティでカンザスシティ交響楽団...

  •  0
  •  0

ヒラリー・ハーンの超絶技巧

ヴァイオリンのヒラリー・ハーンが、フラフープをしながらパガニーニの24のカプリース… よくYouTubeなどにおかしな動画を投稿しているヴァイオリン二人組Twoset Violinのコンサートにゲスト出演して二人の挑戦に応えたもの。先週30日、アメリカ・ボストンで。 (これはチェロ弾きにはできません…) ヒラリー・ハーン(1979生まれ)は、ちょうど現在来日中ですが、今年バッハのアルバムをリリースするなどヴァイオ...

  •  0
  •  0

七面鳥チェロ

No image

アメリカ・アラスカ州で、チェロを習いながらアウトドア活動を楽しむグループ Alaska Cello Intensive の子供たちが、早くも雪と氷に覆われたアラスカの大地に、感謝祭(Thanksgiving Day)にちなんで七面鳥の落書き… 子供たちは氷点下8度の寒さの中、長さ270メートルにもなる“七面鳥チェロ”の絵を描き、撮影はドローンで行ったのだそう。バックの演奏は、今年夏のコンサートでの演奏で "Just What I Needed" (ザ・カーズ, 1978)...

  •  0
  •  0