善福寺手帳

tag: ロストロポーヴィチ  1/5

ロストロポーヴィチのチェロの競売

ロストロポーヴィチ(1927-2007)と夫人の遺品が先月28日、ロンドンのサザビーズで競売に掛けられ、ロストロポーヴィチが保有していたガダニーニのチェロが193万ポンド(約2億8千万円)で落札されたことは前に書きましたが、この競売のシーンが公開されていました[AP Newsより]。ガダニーニのチェロが競りに掛けられているようすは動画後半の1分20秒くらいから。 以下は、前の記事にも追記しましたが、この他に競売に掛けられたサン...

  •  0
  •  0

ロストロポーヴィチのワイン・コレクションが競売に

No image

巨匠ロストロポーヴィチのチェロをはじめとする遺品の数々が、28日ロンドンのサザビーズで競売に掛けられるという話があったばかりですが、もう一つ、29日パリではロストロポーヴィチが集めたワイン1,200本、総額30万ユーロ(約3,850万円)分が競売に掛けられるそうです[France Musique-AFP, Le Figaroなどより]。 競売に掛けるのは、フランス・パリのオークションハウス、ドゥルオー[プレスリリース、詳細]。 ロストロポーヴィチ...

  •  0
  •  0

ロストロポーヴィチの遺品が競売に

No image

ロストロポーヴィチ(1927-2007)とガリーナ夫人(1926-2012)の遺品が来週28日、 ロンドンのサザビーズで競売に掛けられることになったそうです。 サザビーズ チェロ巨匠ロストロポービッチ氏楽器を競売に[毎日-共同 18.11.20] 競売大手サザビーズは19日、親日家として知られ、2007年に死去した世界的チェリスト、故ロストロポービッチ氏の遺品のチェロやピアノなど計100点以上をロンドンで28日に競売に掛けると発...

  •  0
  •  0

シャルル・アズナブールとロストロポーヴィチの共演

No image

フランスの代表的シャンソン歌手、シャルル・アズナブール(94)が亡くなったとのこと。つい先日、元気に来日公演をしたと聞いていたので、驚きました。 シャルル・アズナブールとチェロの巨匠、ロストロポーヴィチ(1927-2007)とが共演した映像があることを知りました。1995年1月25日、フランスのEU議長国就任記念コンサートで2大スターが共演したことを伝えるニュース映像。フランスの国立視聴覚研究所(INA.fr)のライブラリより。 ...

  •  0
  •  0

「プラハの春」軍事介入50年

No image

きのう8月21日は、1968年、チェコスロバキアで起こった運動「プラハの春」に対してソ連軍が侵攻し、多数の死傷者が出た日からちょうど50年だったのだそう。 そのちょうど50年前の8月21日、皮肉なことにあのロストロポーヴィチ(1927-2007)はイギリス・ロンドンでスヴェトラーノフ指揮ソビエト国立交響楽団と、事もあろうにドボルザークのチェロ協奏曲を演奏することになっていて、中止するべきではないかという声もあった中、コ...

  •  0
  •  0

ジャクリーヌ・デュプレのドボコン発掘映像

No image

夭折したジャクリーヌ・デュプレ(1945-1987)の没後30年に、没後これまで人の目に触れることがなかったドボルザークのチェロ協奏曲の演奏映像が「再発見」され、この22日、BBCで放映されたのだそう。1968年9月、ロンドンのロイヤル・アルバートホールでの演奏で、ダニエル・バレンボイム指揮のロンドン交響楽団。イギリスではBBCのサイトから視聴できますが、下の映像はBBC公式のものではないので、いつまで残っているかは不明。 ...

  •  0
  •  0

ロストロポーヴィチ生誕90年

No image

この3月27日は、偉大なチェリスト、ロストロポーヴィチ(1927-2007)が存命なら90歳の誕生日。 また、命日が2007年4月27日ということで、1ヶ月後が没後10年ということになるらしいですね。 これを記念して、ロストロポーヴィチの録音を集めたボックスセットも発売されているようで、 こちらのワーナーのは「世紀のチェリスト」と題して、ロストロポーヴィチの主な名演をおさめたCD40枚とDVDも3枚ついた43枚組で、1万4千円ちょっ...

  •  0
  •  0

アンドレイ・イオニーツァのプロコフィエフ「交響的協奏曲」@オペラシティ

No image

23日、ミハイル・プレトニョフ指揮東京フィルハーモニー交響楽団の定期公演で、 2015年チャイコフスキー・コンクール1位のアンドレイ・イオニーツァのチェロでプロコフィエフ「交響的協奏曲」を聴いた。 この日はこの曲を挟んでストラヴィンスキーのロシア風スケルツォとバレエ組曲「火の鳥」というプログラム[公演詳細]。 「交響的協奏曲」はプロコフィエフ(1891-1953)が、晩年、当時二十歳そこそこだったロストロポーヴィチ...

  •  0
  •  0

デュポールとナポレオン

最近弾いている「21の練習曲」のジャン=ルイ・デュポール(Jean-Louis Duport,1749-1819)は、 後に彼の名を取って“デュポール”と呼ばれるストラディバリウスのチェロを弾いていて、 そのチェロにまつわるナポレオン(1769-1821)とのエピソードが有名なのだそうです。 ....彼[デュポール]は音楽院の教授に任命され、皇帝のソロ・チェリスト、皇后マリー・ルイーズの室内楽団のメンバーになり、立場上チュイルリー宮で催される内...

  •  0
  •  0

ソッリマと100人のチェロのベルリンの壁崩壊25周年コンサート

ベルリンの壁崩壊からちょうど25年にあたる11月9日、ジョバンニ・ソッリマと彼が率いる「100人のチェロ」のトリノ王立歌劇場でのコンサートを中継したイタリアの公共放送RAI5の番組が見られるようになっていました。公開期間は、たぶん1週間ほど。 →NOVE NOVEMBRE - BERLINO 1989 [RAI.tv] ベルリンの壁崩壊のとき駆けつけたロストロポーヴィチが、壁の前で喜びを込めて弾いたバッハ無伴奏チェロ組曲3番ブーレの「100人のチ...

  •  0
  •  0