善福寺手帳

Tagデヴィッド・フィンケル 1/2

リンカーンセンターのチェリストたち

今年4月、ニューヨークのリンカーンセンターで行われたチェロアンサンブルコンサートでの演奏がYouTubeとリンカーンセンターのサイトで見られるようになっていました。 ルネサンスから現代までの幅広い時代の曲を12人のチェリストたちが演奏するコンサートで、 これはルネサンス期のスペインの作曲家トマス・ルイス・デ・ビクトリア(1548-1611)の"O Magnum Mysterium"(おお大いなる神秘)という曲。 左が元エマーソン弦楽四...

  •  0
  •  0

楽器ケースに入れるもの

バイオリンの情報サイトViolin Channelに、バイオリンのパールマン、チェロのイッサーリスら弦楽器奏者30人余りに楽器ケースの中に入れているものをたずねてみた、という記事が載っていました。→“What Essentials Do You Keep in Your Instrument Case?” [Violin Channel 17.03.16] これによると、楽器と弓(複数)、松脂、スペアの弦…までは当然ですが、以下多かった順に挙げると、まずミュート。これは練習用ミュートも。旅先の...

  •  0
  •  0

デヴィッド・フィンケルの室内楽マスタークラス

元エマーソン弦楽四重奏団のチェリスト、デヴィッド・フィンケル氏が22日にジュリアード音楽院で行った 室内楽のマスタークラスの様子が、medici.tvのサイトで見られます。 →MASTER CLASS WITH DAVID FINCKEL [medici.tv] ブラームスのピアノ四重奏第1番Op.25の1楽章、ドビュッシーの弦楽四重奏Op.10の3楽章、 ブラームスの弦楽四重奏第2番Op51-2の1楽章、ベートーヴェンの弦楽四重奏第8番Op59-2の2楽章...という4組が各30分ず...

  •  0
  •  0

あのカルテットも氷水

ソロ・チェリスト、オーケストラと来たら弦楽四重奏団も…あのエマーソン弦楽四重奏団のバイオリン、ユージン・ドラッカー氏もALSアイス・バケツ・チャレンジ。 ドラッカー氏もバイオリニストだった父親をALSで亡くしているのだそうで、こうして見てくると、ALSってたくさんの方がかかっている病気なんですね… ドラッカー氏の次の指名が、同じエマーソン弦楽四重奏団のビオラのローレンス・ダットン氏、それにチェロのポール・...

  •  0
  •  0

フィンケル氏のコラム

元エマーソン弦楽四重奏団のチェリスト、デヴィッド・フィンケル氏がニューヨークタイムズのビジネス欄で。よくある飛行機でのチェロのトラブルですが、時々こうしてチェロのことを世間に知ってもらうことは大切かも。 I’m a Cellist, Not a Teenage Mutant Ninja Turtle [New York Times - Business 14.05.12] ...あるコンサートのためにエマーソン弦楽四重奏団のメンバーといっしょにベルリン行きの便に乗ろうとしていたとき...

  •  0
  •  0

練習を効率的にする10の簡単な方法

アメリカのラジオ局NPRのクラシック音楽ブログに「あなたの練習を効率的にする10の簡単な方法(10 Easy Ways To Optimize Your Music Practice)」という記事があって、面白いと思ったので抄訳してみました。 1. 練習場所を決めよう リビングの隅でもどこでも決まった場所に行くことが、さあやろう、という心の準備になる。 2. 道具は全部手の届くところに置こう ここでデヴィッド・フィンケル氏のチェロレッスンビデオシリー...

  •  0
  •  0

ラストコンサート

エマーソン弦楽四重奏団のチェリストを34年間に渡りつとめてきたデヴィッド・フィンケル氏(61)の、 エマーソン弦楽四重奏団メンバーとしての最後のコンサートが11日、ワシントンDCで開かれたのだそうで、そのコンサートにいたるまでの一週間の様子がフィンケル氏のブログにアップされていました。 弦楽四重奏団のチェリストとしての最後の曲は、フィンケル氏に替わる新しいチェリスト、ポール・ワトキンス氏(42)を加えた5人で...

  •  0
  •  0

ベートーベンのチェロソナタ2番

いま弾いていてレッスンで教わっているベートーベンのチェロソナタ第2番(Op.5-2)。デヴィッド・フィンケル氏の演奏で。ピアノは奥さんのウー・ハンさん。 05:15までがアダージョで、00:52からの旋律が美しい。続くアレグロでは06:09からのピアノとの掛け合いのところが、弾いていても好きなところ。手元の楽譜ではここまでが長い1楽章。 2楽章ロンド。楽しい旋律。チェロの見せ場は、02:36からの約1分間あたりか。...

  •  0
  •  0

フィンケル氏のコラム

エマーソン弦楽四重奏団で34年間に渡りチェロ奏者をつとめ、今シーズンを最後に退団するデヴィッド・フィンケル氏(61)がアメリカのニュース・ブログサイト、ハフィントン・ポスト(Huffington Post)にコラムを担当しているのを見つけました。ハフィントン・ポストはアメリカ最大級のニュースサイトで、この5月には日本版が朝日新聞との合弁で立ち上がるというのが最近ちょっと話題。 フィンケル氏のコラムは、去年の11月以来、連載...

  •  0
  •  0

モスクワのフィンケル氏と弓毛の角度の問題

先日書いた弓毛の面の使い方について、100本の動画からなるCelloTalkシリーズのデヴィッド・フィンケル氏は何か言ってなかったかと思っていたら、ちょうどフィンケル氏はエマーソン弦楽四重奏団のチェロ奏者として最後のツアーでモスクワを訪問したようすをブログにアップしていました。 ロシアに入国するにあたって、先日のフランクフルト空港税関でバイオリンが押収された事件の影響で、音楽家たちの間にも気をつけようという空...

  •  2
  •  0