善福寺手帳

Tagチェロ事件簿 2/9

ゴフリラーのネックが壊れたとき

アメリカのチェリスト、マット・ハイモヴィッツ氏(46)が今月2日、誤って愛用のゴフリラーのチェロを壊してしまったときの苦い経験を米Strings誌のインタビュー記事で語っていました。 今月2日、カナダのモントリオールで若手チェリストにレッスンをしていたときのこと。スコアを見ようと立ちあがったハイモヴィッツ氏は、ゴフリラー1710年作のチェロを手にしたまま体のバランスをくずしてしまった… このときハイモヴィッツの...

  •  0
  •  0

トルルス・モルクが休演

イギリスのBBCプロムスで25日、ショスタコーヴィチのチェロ協奏曲第1番を弾く予定だったノルウェーのチェリスト、トルルス・モルク(55)が、当日になって「病気」のため休演。代わりにロシアのアレクセイ・スタドラーがソリストをつとめて公演は行われたそうです。 Due to illness Truls Mørk is unable to play tonight. We're delighted Alexey Stadler will replace him in Shostakovich’s 1st Cello Concerto.— BBC ...

  •  1
  •  0

アップボウのハプニング

室内楽コンサート本番中のチェリストの失敗…今年4月13日、パリのルーヴル美術館オーデトリアムでの室内楽コンサートでドホナーニの弦楽三重奏のためのセレナードOp.10を演奏していたときのこと。 これだけならふつうのチェリストが人生に一度くらいは経験することかも知れませんが、これはコンクール優勝歴もあり、すでに国際的に活躍しているチェリスト、キアン・ソルタニ(Kian Soltani, 1992-, HP)が自分でフェースブックに...

  •  0
  •  0

「パナマ文書」にチェリスト

大きなニュースにチェリストが登場することは少ないのですが… 国際的な報道機関が入手したタックスヘイブンに関するファイル(いわゆる「パナマ文書」)に、プーチン大統領の親しい友人のチェリストの名前があったのだそう。 サウジ国王・プーチン氏友人…租税回避地に関係会社[朝日 16.04.04] カリブ海の英領バージン諸島などのタックスヘイブン(租税回避地)に設立された21万余の法人に関する電子ファイルを、 南ドイツ...

  •  0
  •  0

ケラスのコンサートが中止

スイス・ローザンヌで昨日5日夜、ジャン=ギアン・ケラスが出演することになっていたコンサートが、ホール天井からステージに複数の「石」が落下したため、安全上の理由から中止となったそうです。幸い負傷者は一人もいなかったそう[ケラスのFacebook投稿より]。 コンサートは、ローザンヌのホール Salle Métropoleで開かれる予定だったローザンヌ室内管弦楽団の演奏会で、ケラスはこの中で作曲家トーマス・ラルヒャーの新作チェ...

  •  0
  •  0

エイリアン?

ロシアの女性が飛行機の機内で自撮りした写真をSNSにアップしたところ、見た人から「後ろにエイリアンが映り込んでいる!」「いや幽霊だ!」とコメントが殺到、驚いて女性が写真を見直すと、たしかにヒトの型をした、目がなく、光を放つ物体が映り込んでいた… このニュースがイギリスの大衆紙デイリーメールなど複数のメディアで取り上げられていたのですが… The most bizarre photobomb ever? Russian woman discovers GHOST AL...

  •  0
  •  0

「アナと雪の女王」のチェロ盗難

今月1日、アメリカ・ロサンゼルス近郊の駐車場から車が盗まれ、 このトランクの中にハリウッド映画の音楽の仕事をしているチェリストのチェロが入っていたことから、 地元の警察ではこの車とチェロの発見につながる情報提供者に1千ドルの賞金を用意して情報提供を呼び掛けているそうです [Latimes]。 このチェロはAntonio Domenicelliという製作者の1714年の作であることを示すラベルが目印で、百万ドル(約1億円)相当と...

  •  0
  •  0

ヨハネス・モーザーもコンチェルトで弦を切る

なんだかこのところ本番中に弦が切れる話に敏感なせいか、よく目と耳に入ってくるのですが、ヨハネス・モーザーが14日、アメリカでクリーヴランド管弦楽団とショスタコーヴィチのチェロ協奏曲第1番を演奏中、1楽章でC線が切れてしまったのだそうです。 モーザー自身のフェースブックページと見ていた人のコメントによると、モーザーは1楽章の後、オーケストラの首席チェロ奏者Mark Kosower氏のチェロと交換し、2楽章以降も完璧に...

  •  0
  •  0

G線なしのソナタ

アメリカのチェリスト Hamilton Cheifetz氏が今月2日に開いた教会でのリサイタルから。ベートーベンのチェロソナタ3番の最終3楽章の演奏中 5分過ぎのところでG線が切れてしまったのにそのまま弾き続け、ついに最後まで弾き通してしまった! [Hamilton Cheifetz氏自身がFacebookでシェアしていたので知りました] G線が切れたあとも、G線より低いC線を使って何とかしのいでいるので、しばらくは聴衆に気づかれなかったと...

  •  2
  •  0

香港の地下鉄の楽器持ち込み規定その後

先月、香港の地下鉄MTRで音大生がチェロを持って乗車するのを拒否されたことに端を発し、 今月初めには抗議デモまであった問題について、 13日香港MTRが手荷物の持ち込み規定の見直し方針を発表したそうです[South China Morning Post 15.10.14]。 ところがこの見直しでは、 「タテ・ヨコ・長さの合計が170センチを超えず、最大の長さでも130センチを超えない」という現行の規定自体はそのままで、 この規定を超える楽器類...

  •  0
  •  0