善福寺手帳

tag: スティーブン・イッサーリス  1/4

弦が切れるハプニング

No image

スティーブン・イッサーリスがリサイタルの演奏中にA線が切れるハプニング…この動画が5日、弦楽専門誌the Stradのサイトで紹介されていました。2017年12月、イタリアのミラノでのリサイタルとのこと。 イッサーリス自身は、この動画を見てもよく思い出せないのだそう。「よく弦が切れるのはショスタコーヴィチを弾いているときで、G線なんだけどね!」[本人のツイート]。 そういえば以前、三鷹の芸文センター風のホールでイッ...

  •  0
  •  0

イッサーリス、60歳

No image

スティーブン・イッサーリスは、きのう19日で60歳になったのだそう。 これに先立って今週17日、ロンドンのウィグモアホールでイッサーリスの誕生日を祝うコンサートが行われ、アンドラーシュ・シフ、ジョシュア・ベル、ラドゥ・ルプら豪華なメンバーが集まったのだそう。 プログラムには、クルターグがイッサーリスのために書いた"For Steven Isserlis 60"という曲の「世界初演」も。このコンサートの動画が見られるといいのに...

  •  0
  •  0

マスタークラスのルール:イッサーリスの見解

No image

先週、アントニオ・メネセス氏の公開マスタークラスを聴講したばかりですが、ちょうどその直後にイギリスのスティーブン・イッサーリス(59)がマスタークラスについて彼の考えを自身のフェースブックに書いていて、ちょっと奇遇を感じました。 ざっと抄訳すると: 演奏旅行先での楽しみのひとつは、現地の学生たちを教えることだ。 私は弟子がいないので、私が先達から学んだことを若い世代に伝えるチャンスともなる。 マス...

  •  0
  •  0

イッサーリスのエルガー協奏曲

No image

イギリスのスティーブン・イッサーリスがおととい4日、ロンドンで弾いたエルガーのチェロ協奏曲の演奏が、BBCラジオのオンデマンド放送で聴けるようになっていました。4日、ロンドンのロイヤル・フェスティバル・ホールでトーマス・ダウスゴー指揮のロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団との共演。 →Royal Philharmonic Orchestra: Britten, Elgar, Rachmaninov [BBC Radio3] ブリテンのオペラ「ピーター・グライムズ」より「4つ...

  •  0
  •  0

イッサーリスが最新アルバムで「戦場のチェロ」を弾く

No image

イギリスのチェリスト、スティーブン・イッサーリス(58)は最新作アルバムで、以前ここでも書いた、第一次大戦中イギリスの陸軍兵士だったアマチュア・チェリストが弾薬箱を胴にして戦場で弾いたというトレンチ・チェロ(trench cello, trench=塹壕)を使って録音しているそうです[タワーレコード・ニュースリリースより]。 「戦時のチェロ曲(The Cello in Wartime)」と題されたこのアルバムは、いずれも世界大戦を背景にしてい...

  •  0
  •  0

演奏中の表情の問題

No image

これはだれでもがコンサートなどに行った後で思いをめぐらせたことがある問題だと思いますが、 演奏中の顔や体の表情の問題について、チェリストのスティーブン・イッサーリス(58)が思うところを自身のフェースブックに書いていました。 以下ざっと抄訳すると: - 自分の演奏をビデオでみるとぞっとすることがあるが、自分の表情や動きは、演奏している音楽に反応した結果生じた、真正のものだと言い訳させて欲しい。 - ...

  •  0
  •  0

チェロを弾くあやつり人形

No image

イギリスでストリート・パフォーマーがチェロを弾くあやつり人形を使うようすを、先月末たまたま旅行で訪れたアメリカの女性が動画に撮ってFacebookに投稿したところ、あっという間に広がり、数日間で百万回以上も再生されて評判になったのだそう。 このストリート・パフォーマーは、Ettenoiram とだけ名乗るひとで(マリオネットの綴りの逆)、イギリス各地を旅して街角に立っているほか、フェースブックとインスタグラムでも訪...

  •  0
  •  0

感動は細部に宿る

スティーブン・イッサーリスがフェースブックに書き込んでいた文章が面白かったので。 感動は細部に宿る 先週、私はグラスゴーでドボルザークのチェロ協奏曲を演奏した。 この協奏曲を弾くのは数か月ぶりだったので、いつものことながら、細かく練習して思い出す必要があった。 どんな曲でも常に見直し続けていなければ、どんなにその曲のことを知っていても (私が初めてこの協奏曲を弾いたのはほぼ45年前!何てことだ!...

  •  1
  •  0

国際「チェロの日」?

No image

スティーブン・イッサーリスの先日の記事でも登場した息子ガブリエル氏が、国際チェロの日 International Cello Day というものを企画しているそう。 My eccentric son @gmisserlis is trying to create an International Cello Day! Dec 29th, birthday of Pau Casals. https://t.co/aT3xAwnXcp— Steven Isserlis (@StevenIsserlis) 2016年10月22日 [公式サイト, Facebook, Twitter] パブロ・カザルス(1876-1973)...

  •  0
  •  0

イッサーリスの髪の毛と首の問題

No image

来日中止が発表されたスティーブン・イッサーリスが、きのうフェースブックに書き込んでいた文章が面白かったので。 数週間前、息子のガブリエルが(彼の好きなことのひとつだが)パーティに行って、ある若手チェリストから私への質問をあずかって帰って来た。 「きみのお父さんは、髪の毛がチェロの弦にからまったりしないのか?」 この質問を伝える息子のいたずらっぽい笑顔をどう思ったかはともかく、もっともな質問では...

  •  0
  •  0