善福寺手帳

Tagシュタルケル 1/2

シュタルケルの小物

アメリカのチェロ掲示板でたまたま見つけた話ですが、4年前に亡くなったチェロの巨匠、ヤーノシュ・シュタルケル(1924-2013)の遺品だとする小物が大量にオークションサイトのeBayで売りに出されていました[リンク : eBay]。 これらの小物は、シュタルケルの音楽室や書斎にあったものだとされる約100点で、 チェロや音楽にちなんだ置物、ペーパーウェイト、譜面台、肖像画などの他、ヘビースモーカーだったシュタルケルらしく、...

  •  0
  •  0

シュタルケルのマスタークラス

ヤーノシュ・シュタルケル(1924-2013)がエルガーのチェロ協奏曲を教えているマスタークラスの動画。2004年、アメリカのオレゴン州ポートランドで。 去年、G線が切れてもベートーベンのソナタを弾き通したチャイフェッツ氏がアップしていたので見つけ、 今ちょうどシュタルケル編の楽譜でエルガーの協奏曲を弾いているので、時々見ていました。 2004年ということは、シュタルケルはこの年、80歳。 チャイフェッツ氏はかつてシュ...

  •  2
  •  0

片目のチェリスト

チェリストの写真にはなぜか片目を楽器で隠した写真が多い…そんな写真を集めたひとがいました。 One-eyed Cellists [CelloBello - Aron Zelkowicz] ヤーノシュ・シュタルケル、ナタリー・クライン、ヨハネス・モーザーなど。 チェリストはそれだけカメラの前でシャイな人が多いのかも知れませんが(?)偉大なシュタルケルを真似てみた…というケースもあるような気がしました。 定番のポーズ、というほどではないにしても、ち...

  •  0
  •  0

シュタルケルのエピソード

シュタルケルの追悼コンサートで演奏するピアニストの練木繁夫さんは、1976年からシュタルケルと世界各地を公演し、90年シュタルケルとポッパーの作品を収録したCDがグラミー賞にノミネートされるなど、シュタルケルと一緒に活躍してこられた方だそう。 このシュタルケルと練木さんのユーモラスなエピソードが、ちょうど今週リニューアルしたばかりの、ニューイングランド音楽院のポール・カッツ氏らがつくるチェロ情報サイ...

  •  0
  •  0

シュタルケル追悼コンサート

4月に亡くなった偉大なチェリスト、ヤーノシュ・シュタルケル氏(享年88歳)を偲んで氏と親しかった音楽家たちが演奏を捧げる演奏会が、氏が特別名誉教授をつとめたアメリカのインディアナ州ブルーミントンのインディアナ大学で行われるそうで、このもようはインディアナ大学のチャンネルと現地ラジオ曲からライブストリーミング中継されるそうです。演奏会は来る9月22日16時(日本時間23日午前5時)から。 IU Jacobs School of Music...

  •  0
  •  0

音楽の友7月号

チェリストについて特集されていた「音楽の友」7月号。内外のチェリストの動向、とくに堤剛、山崎伸子、向山佳絵子の各先生の特別鼎談が、それぞれの時代の違いなどが垣間見えて面白かった。 加えて特別企画として、4月に亡くなったシュタルケル氏に師事したチェリストたちが、シュタルケルにまつわる、おそらく「とっておき」のエピソードを語った記事。 音楽専門誌はこうした演奏家の生の声が聴こえてきそうなインタビューなど...

  •  0
  •  0

シュタルケル氏出演のCM

ヤーノシュ・シュタルケル氏、日本のCMにも出演したことがあったんですね。 1983年、オーディオのCM、シュタルケル氏58歳のとき。 ここにうつっているシュタルケル氏は今見てもやたらカッコいいんですが、LPレコード、タバコを吸うシーン、ゆったりとしたCMのつくり…といったところには、たった30年ではあるのですが、時代の隔たりを感じます。...

  •  2
  •  0

シュタルケル氏死去

偉大なチェリスト、ヤーノシュ・シュタルケル氏が28日アメリカ・インディアナ州で亡くなったらしいですね。享年88。 最後まで教えていたインディアナ大学が発表: IU community mourns passing of Distinguished Professor, cellist Janos Starker [Indiana University] 偉大な演奏家としてだけでなく、日本の堤剛さんはじめ多くの演奏家を教えた名指導者として記憶されるはず。 関連過去記事: バッハ無伴奏組曲全...

  •  2
  •  0

地獄のレッスン

チェロの巨匠たちを織り交ぜたジョーク。 英語がうまく訳せているかわかりませんが…。 Three cellists die and appear before St. Peter. [3人のチェリストが亡くなり、聖ペテロの前に歩み出た。] ※聖ペテロは、天国に至る門の鍵を持っているとされている。 Cellist 1: I have led an exemplary life and studied with Rostropovich. St. Peter: Go straight to hell! [チェリスト1: わたしは模範的な一生を送り、ロスト...

  •  0
  •  0

第3回「チェロの日」参加記(第1日)

2月9日から11日までサントリーホールで開催された第3回「チェロの日」(日本チェロ協会主催)に参加した私的な参加レポート。少し長くなったので1日ごとに区切ってアップします。 **** 第1日は、午前中リハーサル。ようやくほぼ全員のメンバーがブルーローズに揃って。やはりメインのヴィラ=ロボスが中心。 指揮の山本祐ノ介さんは、事前練習会のときの厳しさは少し影をひそめ、割り切りが早い印象。とにかく指揮を見て!難し...

  •  0
  •  0