善福寺手帳

tag: オーケストラ  1/9

エキストラ本番

酷暑の日曜日、エキストラ参加のオケ定期演奏会本番。 プログラムはブラームス「悲劇的序曲」Op.81、バッハの無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番シャコンヌの管弦楽版(ヨアヒム・ラフ編曲)、 それにベートーヴェンの交響曲第7番という「三大B」プログラム。 バッハのシャコンヌは、静かな木管アンサンブルが8小節間のモチーフを奏でた後、その変奏を色々な楽器が受け渡し合う編曲で、チェロにも細かい動きや繊細な強弱...

  •  0
  •  0

先週の練習

No image

海の日の三連休、後半2日に室内楽・オケの練習が集中する。雨の中チェロを持っての移動は覚悟はしていたがきつかった。 本番まで3週間の別オケで集中練習。当日のアンコール曲の楽譜が配られると、いよいよという気がしてくる。 ちょうど同じ日に所属オケでも秋の本番のアンコール曲が知らされ、楽しみになってきた。 このアンコールというのは、本編のプログラムではないのであまり練習時間を割かないものの、本番ではお客...

  •  0
  •  0

シャコンヌ

No image

日曜、別オケと所属オケの練習ダブルヘッダー。8月に本番の別オケで楽しみにしているのが、バッハのシャコンヌ(無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番)のオーケストラ版で、この日が初合わせ。 この曲、もちろん原曲は無伴奏ヴァイオリンの重音を駆使した難曲として有名だけど、チェロ弾きにとってはN響のチェロ4人組「ラ・クァルティーナ」や、最近では若手4人の「クァルテット・エクスプローチェ」など...

  •  0
  •  0

今週の練習

No image

去年から2回エキストラとして参加したオーケストラから再び依頼をいただき、日曜、さっそく練習に参加する。 次回の公演は8月。今回の曲目はメインのベートーベンの交響曲第7番をはじめ3曲とも何らかのかたちで─1曲はオーケストラでなくチェロアンサンブルではあるけど─経験がある曲。このことはまた追々。 このオケのために、自分のようなチェロ一人でできることには限りがあるけど、引き続き練習にできるだけたくさん、楽しん...

  •  0
  •  0

先週の練習

日曜日、所属オケの新曲合わせ。今年の曲は、ブラームスの「悲劇的序曲」Op.81とメンデルスゾーンの交響曲第5番「宗教改革」Op.107。 先週はそのための譜読み。 これまで何の予備知識もなかった2曲だが、音源を聴き、楽譜を読むうち、それぞれにいいところのある曲に思え、 これをまた何ヶ月かかけて仕上げるのが楽しみになってきた。 たとえば、「悲劇的序曲」には、その題名からは連想できないほど美しい第2主題がバイ...

  •  0
  •  0

本番終了

20日、エキストラとして参加させてもらっているオーケストラの本番。このオーケストラでは昨年夏に続いて2度目。 今回は、自分にとって初めての曲ばかりという難しさはあったが、前回より格段に団員の方たちとの距離も縮まり、練習から本番までいっしょになって楽しむことができた。 このオーケストラは若く、息子・娘でもおかしくないくらいの歳の人たちも多い。それでいて皆、経験があって上手だ。そういう人たちと同じ仲間...

  •  0
  •  0

演奏技術とアンサンブル

No image

成人の日、20日に本番を控えた別オケの練習。所属オケの新年度スタートはまだちょっと先で、今はこのオケで弾くことが楽しい。 2つのオーケストラ共、同じY先生の指揮・指導の下で弾かせてもらっているのだが、 このY先生がいつもおっしゃるのが「できるだけ楽譜通りに弾く」ことで、 それがオーケストラとしてのアンサンブルを楽しむために一番大切なことだという。 ところが、これもY先生のよくおっしゃるのには、 われわ...

  •  0
  •  0

定期演奏会本番終了

きのう日曜日、所属オケの定期演奏会が終わりました。 ほぼ満員に近いお客様に日頃の練習の成果を聴いていただけて、幸せで充実した2時間でした。 シベリウス「フィンランディア」、グリーグ「ペール・ギュント」組曲、ベートーベンの交響曲第7番という皆が耳になじんだ曲が揃ったプログラムで、今年はこれまでにないほどのいい演奏ができるのではないかと思っていましたが、 本番まで「こわい所」もいくつか残り、運よく乗り...

  •  0
  •  0

今週末本番

No image

日曜日、いよいよ所属オケの定期演奏会。今年は例年よりもいい演奏になりそうな予感が二か月くらい前からしていた。 プログラムもなじみのある名曲ぞろいで、聴きに来てくれるかたも多くなりそう。 しかし、ここに来てやや不安がないわけではない。 本番が迫って人数や楽器の種類が揃ってみると初め少しバタバタする(例年そういうことはある)。 この期に及んでミスも出たりする。これはあすあさってのリハーサルで修正しな...

  •  0
  •  0

ボストン交響楽団ツアー公演のトラブル

No image

ヨーロッパツアー中のボストン交響楽団は17日夜、オランダ・アムステルダムのコンセルトヘボウで ショスタコーヴィチの交響曲第4番をメインとする公演(指揮:アンドリス・ネルソンス)を行う予定だったところ、 チャーター機の不調のため、大編成のオーケストラ全員をアムステルダムに運ぶことができず、 代わりのプロペラ機でアムステルダムに着くことができたメンバーだけで、曲目をベートーヴェンの交響曲第7番に急遽変更し...

  •  0
  •  0