善福寺手帳

tag: アルバン・ゲルハルト  1/3

アルバン・ゲルハルトのエルガー協奏曲

ドイツのアルバン・ゲルハルトが今月8日、カナダで モントリオール交響楽団と演奏したエルガーのチェロ協奏曲がmedici.tvで見られるようになっていました。 →Susanna Mälkki conducts Berlioz and Elgar – With Alban Gerhardt [medici.tv] カナダ・モントリオール近郊の半野外ホールで開催されたコンサートで、指揮はフィンランドのスザンナ・マルッキという女性指揮者。ベルリオーズ「ローマの謝肉祭」序曲、エルガーのチェ...

  •  0
  •  0

アルバン・ゲルハルトのロココ変奏曲

No image

アルバン・ゲルハルトが先月28日、スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団とチャイコフスキー「ロココ風の主題による変奏曲」を弾いた演奏会のもようが、同楽団のサイトからオンデマンドで見られるようになっていました。 →53RD BRATISLAVA MUSIC FESTIVAL OPENING CONCERT アルバン・ゲルハルトがロココ変奏曲(フィッツェンハーゲン版)を弾くのは、前半Part1の23:40くらいから。指揮はジェームス・ジャッド。 アンコール...

  •  0
  •  0

アルバン・ゲルハルトのシューマン協奏曲@プロムス

ドイツのチェリスト、アルバン・ゲルハルトがきのう10日、イギリスの音楽祭BBCプロムスで弾いたシューマンのチェロ協奏曲がオンデマンドで聴けるようになっていました。 10日夜、ロンドンのロイヤルアルバートホールで開かれたコンサートのラジオ中継で、オーケストラは、ヨン・ストルゴールズ指揮のBBCフィルハーモニック。 →Prom 33: Grieg, Sibelius, Schumann and Hindemith [BBC] 2時間半ほどの放送のうち、アルバン・ゲ...

  •  0
  •  0

親欧州音楽家のコンサートレポート

No image

チェリストのアルバン・ゲルハルトが中心になって先月ベルリンで開かれた、自由なヨーロッパを守ろうという音楽家たちのコンサートのようすが、ベルリンフィルの人気ホルン奏者サラ・ウィリスのテレビ番組 Sarah's Music でレポートされていました[ドイチェ・ベレ、英語]。 アルバン・ゲルハルトのインタビューをはさみながら、彼が1番チェロ、アリス=紗良・オットのピアノでポッパー「レクイエム」Op.66の演奏が5分30秒く...

  •  0
  •  0

親欧州コンサートのライブ動画

先日書いた、EUを中心に自由なヨーロッパを守ろうという音楽家たちのコンサートが、フェースブックのライブ動画で見られるようになっていました。 →BUNTES EUROPA: Live vom Benefizkonzert von Musicians4UnitedEurope im Radialsystem V. [Facebook] きのう14日にベルリンで開かれた2時間半ほどのコンサートで、コンサートの開始は動画の20分ごろから。プログラムの詳細はこちら。 ベルリンフィルのコンサートマスター、樫...

  •  0
  •  0

親欧州音楽家グループが無料コンサート

No image

ドイツのチェリスト、アルバン・ゲルハルトがEUを中心に団結して自由なヨーロッパを守ろうと 音楽家仲間に呼びかけて立ち上げたMusicians for United Europeというグループは、14日日曜日ベルリンで、親欧州の市民運動 "Pulse of Europe"(欧州の鼓動)への連帯を示し募金を集める無料コンサートを開くそうです。 "Buntes Europa"(カラフルな欧州)と題したこのコンサートに出演するのは、アルバン・ゲルハルトの呼び掛けに応じた...

  •  0
  •  0

アルバン・ゲルハルトが親欧州グループを結成

先月末「親欧州」の市民デモで演壇に立ちバッハを弾いたアルバン・ゲルハルト(47)ですが、ドイツの高級紙Die Zeitが6日、アルバン・ゲルハルトの名前を挙げて音楽家が政治的発言をすることに"wohlfeil"(cheap,安っぽい)という言葉を使って批判的な記事を書いていました。 これに対してアルバン・ゲルハルトはすぐさまドイツの音楽情報サイトで反論…このへんのやりとりは、北ドイツ放送の記事にもまとめられているものの、ドイツ語...

  •  0
  •  0

親欧州デモでバッハ

No image

ドイツのチェリスト、アルバン・ゲルハルト(47)が26日日曜日ベルリンで、EUを中心にヨーロッパが連帯しようという親欧州派(Pro-European)の運動「欧州の鼓動(Pulse of Europe)」の集会に登壇し、 広場に集まった約7,000人を前にバッハのチェロ組曲6番プレリュードを演奏したそうです。 このデモのことは、きょう28日付の朝日新聞でも記事になっていました。 →「親欧州」広がるデモ 独の集会きっかけ、11カ国4万人に [...

  •  0
  •  0

ロンドンのチェロコンサートシリーズ

No image

ロンドンのKings Placeというコンサートホールでは、今年2017年を「チェロの年」として、年間を通して49ものチェロのコンサートやイベントを開く Cello Unwrapped というシリーズを開催するそうです。 出演するチェリストは、7日のアルバン・ゲルハルト(ロココ変奏曲、コダーイ無伴奏など)を皮切りに、ピーター・ウィスペルウェイ、ジャン=ギアン・ケラス、アントニオ・メネセス、ナタリー・クラインらの他、現代的オリジナ...

  •  0
  •  0

アルバン・ゲルハルトのインタビュー

No image

ドイツのチェリスト、アルバン・ゲルハルトへのロンドン・チェロ協会の今年8月のインタビュー。ずいぶん熱っぽく語っていますが、これはロンドン・チェロ協会のCello Clubという10代の若いチェリストたちに向けていることも意識しているからだろうと思います。 初めてチェロ・アンサンブルをしたのは?─10代の頃、クレンゲル「讃歌」(Hymnus)を弾いたとき。10代の頃の最もすばらしい音楽的経験のひとつ。音がこう、ブーンと...

  •  0
  •  0